初めての育乳ブラ|バストサイズアップを諦めない

このエントリーをはてなブックマークに追加

下着の正しい着用方法

メジャーとバスト

加齢と共に、バストが下がってしまうことは仕方がないのですが、若い内から育乳ブラを着用すると綺麗なバストラインをキープすることができます。また、正しく下着を着用すれば、バストのサイズアップも可能になってきます。育乳ブラの着用時は以下のことに注意しておきましょう。まず、前かがみになった状態で胸まわりの脂肪をかき集めます。カップに全ておさまった状態で背筋を伸ばしてみましょう。その時に育乳ブラの広がり、胸との間にすき間ができていないか確認してみましょう。胸から育乳ブラが浮いているようであれば、サイズが大きすぎる可能性あります。また、脂肪をしっかりと集めきれていない可能性もあるので、バックスタイルも確認しながら着用方法を見直してみましょう。

ストラップの高さを調整しながら、バストトップが正しい位置に来ているか確認しましょう。低い位置にストラップがあると、バストの垂れを防ぐことができません。バストトップの黄金ラインは、鎖骨からトライアングルになる位置となっています。それよりも低い位置に育乳ブラがある場合は、直ちにストラップを短くして胸の位置を直しましょう。

ストラップがわきぐりのラインに沿っているか、細かい部分まで着け心地を確認してみると、より自分に合ったデザインを探すことができます。育乳効果を高めるためには、すき間なく体にフィットしたデザインが好ましいのです。いくつかのポージングをして、ズレが生じていないか鏡で確認して問題ないのであれば、それが自分に合ったブラとなります。